· 

お供えのお花お届けしました

先日、京都市中京区へお供えのお花をお届け致しました

 

淡い色でまとめたアレンジメントです

 

お供えのお花のチョイスする時は

まず第一に考えるのが色合いですね

白グリーンだけでまとめるか

少し淡い色を加えるか

その辺りを念頭に置いています

(お供えでは濃い色や強い色の花を使わないのですが

故人の方が好きだった花でお作りする場合もあります)

特別な例を除いては白をどれだけの割合で使うかを

まず考えます

そして次に考えるのが硬さですね

その花が醸し出す硬さです

実際の花は硬いものなどほとんどないのですが

見た様子で感じる硬さがどうなのかも考えます

 

今回のお供えのお花は柔らかいお花を意識して選びました

と言うのは前回お届けした時のお花が

どちらかと言えばかっちりしたお花でしたので

今回は違う雰囲気を意識してます

 

ご命日ですので同じ日にお届けします

出回るお花も同じものになるのですが

出来るだけ少しでも雰囲気を変えて差し上げたいと

思っております

色と固さとを考え

そして最後はどうまとめるかを考えます

最後のチョイスですね

 

今回のアレンジメントの最後のチョイスは

青と白のコントラストが可愛い「リンドウ」でした

白のデンファレと迷ったのですが

リンドウをチョイスしました

 

少し入るブルーが他の花を引立ててくれると思ったのと

季節感が出ると考えました

この時期に出回るお花です

(自然界では秋のお花ですが…)

何よりこのリンドウが可愛かったからというのもあります

 

いつも肝心要はこの最後のチョイスです

ここは個人の選択眼が大いに作用するところです

 

素敵に魅せるか逆効果になるのか…

ここを間違わないように最新の注意を払い

一つのアレンジメントが完成します

 

完成させるまでの過程は表に出ないものですが

色々と考えながら作らせて頂いております

何より寄り添うお花になりますように…

そんな思いを込めております