· 

花瓶のお話

花瓶

「花のある暮らし」には欠かせないアイテムです

「花瓶」

そう花を生けるもの

 

確かにそう難しく考えないで身の回りにあるもので

お花を生ければ良いのですが…

ちょっとしたコツというか

こうしたらより楽しいというお話をさせていただきたいと

思います

 



花の長さ・大きさ・ボリューム

これから生けようとする花の長さ、大きさ、ボリュームによって

飾る花瓶も大きく変わってきます

また逆もありで

この花瓶に生けるという前提でお花を選ぶパターンもありますね

 

そうすると

花瓶はいくつかあるとかなり便利で

より「花のある暮らし」が楽しくなります



花束を生ける

では花束を生けてみましょう

この花束をそのまま大きめの花瓶に生け直します

花瓶の口のところ

花でいっぱいになり過ぎないように少し余裕があると良いです

花束など束ねて結んであるものはほどいて

ふわっと広がるのが良い感じのバランスです



分けて生ける

同じ花束を今度は3つに分けて生けます

お花を花瓶に合わせて短く切って生けてます

3つとも形の違う花瓶です

それぞれに合わせてボリュームを変えて生けています

こちらも大きな花瓶の時と同様で

花瓶の口のところお花に余裕があるといいですね

特に今の暑い時期はヌメリの防止にもなります



いくつかあると便利

大きめと中くらい、そして小さめと…

いくつか花瓶はあった方が便利で楽しいです

花瓶の置き場所などを考えながらいくつか揃えておかれるのを

オススメ致します

 

お花はいつか枯れていきますので

最初はたくさんあったお花が枯れていくのを処分していくと

数は少なくなります

そうすると色んなサイズの花瓶があれば

お花を少しずつ切り戻しながら

最後までお花を楽しむ事ができます



最後の花瓶

是非最後までお花を楽しんでください

最後の1本まで…

お花に「最後の花道」を用意してあげて欲しいなって思います

長く楽しませてくれた「アジサイ」です

茶色くなったものは処分して最後まで残った一輪

短く切って薄水色の花瓶を「最後の花道」として生けました



清潔に洗って

何より花瓶は清潔を保ってあげるのが大事です

花瓶の水は取り替えてください

今のこの暑い時期は毎日でも水替えしてください

その際には台所用の洗剤でしっかり洗ってください

雑菌の繁殖を防ぎます

(切り花用の延命剤をお使いの場合は毎日の水替えは不要です)

 

冬などの寒い時期は2、3日に1回の水替えでも大丈夫です

大事なのは水が濁らないように気をつけることです



飾る楽しみ・見る楽しみ・知る楽しみ

花瓶がいくつかあれば

いただいた花を飾る楽しみが出来ますし

また自分で選んだ花を飾る楽しみも増えます

そして生けた花を

じっくり観察して見る楽しみも出来ます

初めましての花があれば

知る楽しみも増えます

 

どれも毎日の暮らしの中で出来ることです

是非いくつか花瓶を用意して

「花のある暮らし」をお楽しみください