· 

コマーシャルフォト

先日、滋賀県長浜市にあるフォトスタジオ「ジャム浅井」の

カメラマン浅井千穂さんプロフィール写真を撮っていただきました。

 

cre.co.coの住まい大津市から長浜まで琵琶湖大橋を渡ってずんずん北上。

遠いイメージでしたが、湖岸の道を車で走れば結構近いという印象です。

 

浅井さんにお願いたのは浅井さんのホームページやInstagramを見て、

撮られる写真が生き生きとしていたのを感じ

あぁ、この方にお願いしたい」と思ったのがきっかけです。

 

フラワーコーディネーターとして去年から仕事を始めたものの

すぐに何事も順調に進んできたわけではありません。

毎日試行錯誤、これでいいのか、どうしたら良いのか

考えながらの走り出した感じです。

店舗を持っていないので、なかなか認知され難いという点もあり、

少しでも安心してお花を頼んでいただける環境作りが必要だと感じていました。

 

そこでホームページにプロフィール写真を載せて、

この人が作って」「この人が届けてくれるっていうのをお伝えする第一歩を進めました。

 

本番の写真を撮る前、浅井さんとお会いし打ち合わせをさせていただきました。

「花いっぱい」の写真をどう撮るかというもの。

cre.co.coのオリジナル「滋賀結び」の商品も一緒に撮ろうと

ご提案くださり、構図を決めてくださいました。

 

本番は、いつもお世話になっている農家さんのバラたちを携えていきました。

 

左端、ふっくらした花瓶に生けた黄色のバラは滋賀県竜王町の杉本バラ園さんのバラ「ピスカップ

左奥、一輪挿しに生けているのは滋賀県守山市の大井農園さんのバラ「ティナチュール

手に持っているブーケには、滋賀県守山市の武田バラ園さんのバラ「ブラックティ

大井農園さんの「ティナチュール」を合わせました。

背景、たっぷりのシルバーグリーンは杉本バラ園さんの「ユーカリのポポラス

一番手前、色んな色のバラたちは大井農園さんのもの。

 

花いっぱいと一緒に撮って頂きました

仕事をもっと良くしていきたいという思いの、コマーシャルフォトでしたが、

できあがった写真を頂いた時に思ったのが、いつしか自分の思い出写真にもなっていたなと…。

 

 

年を重ねる思い切ってやろうと思うこと、今のうちにしておきたいこと…などなど

何かを残しておきたいって思うことが出てきます。

不思議と

若い時には思いもしなかった気持ちがわいてきます。

 

cre.co.coのプロフィール写真を見て、「私も花と一緒に写真を撮りたいな

と思われた方、その思い、応援致します

普段お花に触れて仕事をしていてもお花と一緒に写真を撮るというのは

幸せな時間でした

お好きな色合いのお花のブーケを持って、お写真を撮りませんか?

気軽にお問い合わせください